麻ハンカチ

湖国の上質な素材×デザインで大人女子が過ごす日常に華が咲きますように
  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Ishigaki(イシガキ)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Ishigaki(イシガキ)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    デザインは『石垣』をモチーフにしています。
    古来より交通の要所であった滋賀県。戦国期には武将たちに要の地として重要視され、中世の城郭及び城郭跡が1300余もあるといわれています。

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Shuriken(シュリケン)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Shuriken(シュリケン)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    デザインは『手裏剣』をモチーフにしています。
    戦国期、武将たちの天下取りの裏舞台で活躍した忍者は日本各地で集団が形成されていましたが、中でも滋賀県の甲賀忍者は良く知られています。

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Ohmicha(オウミチャ)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Ohmicha(オウミチャ)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    デザインは『近江茶』をモチーフにしています。
    西暦805年頃に比叡山の開祖、最澄が唐より持ち帰った種子でお茶を栽培したことから滋賀県は「日本の茶業発祥の地」といわれています。

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Adoberry(アドベリー)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Adoberry(アドベリー)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    デザインは『アドベリー』をモチーフにしています。
    滋賀県高島市安曇川町で栽培されているポイズンベリー=アドベリー。甘酸っぱい果実と安曇川と琵琶湖をデザインしました。

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Yoshi(ヨシ)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Yoshi(ヨシ)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    デザインは『ヨシ』をモチーフにしています。
    水辺に自生するイネ科の多年草。びわ湖に生えるヨシは成長とともに水中から富栄養化の原因であるリンや窒素を吸い上げ、水質浄化につながる働きをします。またヨシ群落は水鳥や魚の棲み家となり、生き物の命を守ります。ヨシは手入れされることで丈夫に育ちます。冬には枯れたヨシが刈り取られます。放っておくと腐って減少していきます。刈り取られたヨシは「すだれ」や紙の原料として活用されます。

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Shakunage(シャクナゲ)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Shakunage(シャクナゲ)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    デザインは滋賀県の花『シャクナゲ』をモチーフにしています。
    滋賀県の日野町鎌掛に群生地があります。しゃくなげは高山植物で普通は標高800mから1,000mの高所に自生していますが、ここでは350m前後の低地に、しかも群生しているということで大変珍しく昭和6年(1931)に国の天然記念物に指定されました。すべてホンシャクナゲという種類のもので、美しい淡紅色(たんこうしょく)の花を咲かせ、4月下旬から5月上旬の開花時期には観賞する多くの人で賑わいます。

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Zebra(ゼブラ)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Zebra(ゼブラ)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    『びわ湖』が隠れています。
    ゼブラ模様に『びわ湖』が隠れています。見つかりましたか?

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Logo(ロゴ)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 Logo(ロゴ)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    『coconocage』の英字をモチーフにデザインしました。

  • 麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 yurugikabu(ユルギカブ)
    麻ハンカチ〈湖東麻織物〉 yurugikabu(ユルギカブ)
    1,620円
    汗や水気をすぐ吸ってすぐ乾いてくれます夏のお出かけの必需品です。

    特に水が豊富な滋賀県では繊維産業が発展してきました。その一つ麻織物は県東部に位置する湖東地域を中心として、原料であるからむしが採れたことから鎌倉時代に始まったという記録が残されています。江戸時代には近江商人によって全国に販売されその名を高めました。

    デザインは万木かぶ』をモチーフにしています。

    各地で古くから栽培され、その気候や風土にあった独特の野菜の品種を伝統野菜と言います。万木かぶは高島市安曇川町万木地方で受け継がれてきた赤かぶ。長さが50~60cm、全体はややうすい鮮やかな紅色でつやがあり中は白色。肉質は軟らかすぎず堅すぎず、お漬物にすると適度な歯ごたえがあります。

1

(カテゴリー内:9点)

カートの中身

カートに商品は入っていません